熱中症

2015年08月03日

日本気象協会が発表した「2015年のお盆期間(8月8日頃〜16日頃)の天気傾向に関する情報」によると、東北から九州を中心に厳しい残暑となるため、熱中症には十分な警戒が必要だそうです。

熱中症対策には、こまめな水分補給が大事ですが、塩分の入っていない水を一気にがぶ飲みするのは厳禁!血中の塩分濃度が下がって逆に危険とのこと。

水分補給の際は、経口補水液や塩分の入ったスポーツドリンクなどをゆっくりと少しずつ飲むようにするのがいいようです。

経口補水液もスポーツドリンクも買い置きがないときは、我が家では以下の材料で作っています。

水で作る場合
  • 水 : 500cc
  • 砂糖 : 大さじ 2 (18g)
  • 塩 : 小さじ 1/5 (1g)
りんごジュースで作る場合
  • 果汁100%のりんごジュース : 360cc
  • 水 : 140cc
  • 塩 : 小さじ 1/5 (1g)
オレンジジュースで作る場合
  • 果汁100%のオレンジジュース : 100cc
  • 砂糖 : 大さじ 2 (18g)
  • 水 : 400cc
  • 塩 : 小さじ 1/5 (1g)
  • 重曹 : 小さじ 1/4 (0.75g)

作り方は、ただ混ぜるだけ。どれも、塩分濃度は0.2%弱になっています。

味の方は…ぶっちゃけ、どれもまずいです(笑)。

が、

  • 通常=しょっぱい
  • 脱水症状が起こっている=無味または甘く感じる

ということらしいので、「しょっぱい」と感じるときは、経口補水液もあまり飲みすぎない方がいいかもしれませんね。

タグ:残暑 経口補水液 熱中症

posted by lanming at 02:45 | Comment(0) | 健康・美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

  • ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  • ※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。