大阪都構想

2015年03月13日

大阪都構想の是非を問う住民投票が5月17日に実施されるそうな。



賛成多数なら、2017年4月に「大阪市」が「北区、湾岸区、東区、南区、中央区」の5特別区になるんだとか。国会での法改正も通れば、「大阪府」→「大阪都」に。

ところで、そもそも都道府県の「都」「道」「府」「県」って何?

都道府県のうち、都は、特別区に対する一定の調整権限を有することが特徴的である。府県の間には法律上の違いはなく、名称の違いはもっぱら歴史的なものである。道は、地方自治法上は府県と同じ扱いであるが、府県とは若干異なる警察組織を有するほか(警察法46条・51条)、河川法(96条)、道路法(88条)などには道についての特例がある。

「都」と「道、府、県」の違いは、特別区に対する一定の調整権限があるかないかってこと?…ふむ…わかったようなわかんないような…。

つか、東京都も、終戦時までは「東京府」だったんですね。

こうしてみると、歴史って面白い。



タグ:大阪都構想 住民投票 大阪市

posted by lanming at 23:59 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

  • ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  • ※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。