エボラ出血熱

2014年10月19日

エボラ出血熱は、現時点では感染予防のためのワクチンがなく、発症すれば致死率70%という恐ろしい病気ですが、富士フィルムの抗インフルエンザウイルス薬「アビガン®錠 (ファビピラビル)」がフランス人女性に投与され治癒したそうな。



「富士フイルム」と聞いて、『写ルンです』しか思い浮かばなかった私…(^^;)…あ!化粧品の『アスタリフト』もありましたね。

それが、今や医薬品まで作る会社なんですね。

日本ってすごい国だ。



タグ:エボラ出血熱 富士フィルム インフルエンザ

posted by lanming at 04:58 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

  • ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
  • ※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。